恋人以上、夫婦未満♪

アクセスカウンタ

zoom RSS 《恋愛読書》 『熱情−田中角栄をとりこにした芸者』 (辻 和子)

<<   作成日時 : 2005/05/22 23:04   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 5

■概要
 田中角栄。
 その晩年に、病に侵されてボロボロになりながらも、
選挙運動をしている姿をTVで見たことがある。
 マスコミの冷ややかな態度と、地元の人々の温かい声援との温度差に、
随分戸惑ったものだった。

 若い頃の堂々たる演説の映像からは、只者ではないオーラを感じる。
 きわめて器が大きくて、チャーミングな人物だったのだろう。
 そばにいた人達は、良くも悪くもこの魅力に呑み込まれて、
稀有な人生を送る羽目になったのだと思う。

 この本は、売れっ子芸者だったところを、田中角栄の二号さんとなり、
田中角栄の息子を二人育てた女性の手記です。

■娘・眞紀子さんの怒り
 あるとき、田中角栄氏が、本宅へ帰宅すると、何も食事の用意がされていませんでした。
 本妻さんは、夫がいつも通りに、他のお宅でご飯を食べると思い、用意をしなかったのです。
 すると眞紀子さんは、
 「あんたが、そんなことだから、ほかへ帰っちゃうのよ」

 どちらの気持ちもわかるけれどね〜。
 もうあきらめてしまって、夫のご飯を用意しない本妻さんと、それをなじる娘。

 もう1つ。
 辻和子さんと田中角栄との間に生まれた長男が4歳になり、
お披露目をしようと親族一同が顔合わせをした時、すぐそばにいた眞紀子さんが、
いきなりワーッと泣き出した。というエピソードがありました。
 きっと、本妻の娘として、納得いかないところがあったのでしょう。

 テレビで威勢よくしゃべっている姿からは、何不自由なく暮らしているお嬢様なんだろうなぁ、
なんて思いこんでいたけれどね、随分過酷な人生だよねぇ?

■移り気な男
 辻和子さんのこんな言葉がありました。

 「わたしは嫉妬なんかしやしません。あっちにもできた、こっちにもできたと聞かされて、
いちいち気にしていた日にゃあ、芸者なんかやってられませんよ」

 というほどに、しょっちゅう浮気されていたわけです(笑)。
 この見事な割り切り方は、芸者という職業柄でしょうか。
 でも、見習いたくはないなぁ(笑)

■恋愛読書
 「英雄色を好む」と言います。
 何人もの愛人の面倒を見る程に、実際に充分な甲斐性があったのでしょう。
 本人はただの純粋な欲張りで、自分の力の続く限り全てを欲しかっただけなのでしょう。

 こうして実際に、二号さんの立場だった人の手記を読んでみると、
二号さんゆえのどうにもならない寂しさ、本妻の娘である眞紀子さんの怒り、
角栄との間に出来た息子達の当惑・無念等、多くの人の悲しみを垣間見ることができます。
 移り気な男は、結局のところ、誰のことをも幸せにはしないし、
自分もまたその報いを受けて、寂しい死に方をするという1つの例です。
 
 しかしまた一方で、いわゆる「普通の幸せ」からは遠かったとしても、
田中角栄という人物の魅力に惚れこんで、損得抜きでついて行った人たちの
アッパレな生き方の記録だという見方もできます。

 本当のところ、幸せの基準なんて人それぞれです。
 短い一生のうちに、自分が呑み込まれてしまうほどの魅力を持った人間に出会えること。
 それはそれで幸せなのかもしれません。

■DATA
『熱情−田中角栄をとりこにした芸者』
 著者:辻 和子
 出版:講談社

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 13
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス
かわいい かわいい
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
>自分が呑み込まれてしまうほどの魅力を持った人間

相方さんはどんな感じですか?
みやさんのペースに呑み込まれつつある人間?(笑)
YOKOHAMA☆LINER
2005/05/23 01:18
 どおかなぁ?私が出来る事なんてたかが知れてるからね〜。
 影響力の強さで比べるならば、レイコ(x)の方が数段うわてだし(爆)。
 ん?、ちょっとネタが出てきましたよ(笑)、一晩寝かしてみます〜♪♪
管理人・みや
2005/05/23 22:52
浅漬けですね。
出来上がりを楽しみしています。
YOKOHAMA☆LINER
2005/05/24 01:15
全然違うところを検索中こちらにたまたま行き着いたのですが、最後まで思わず熟読してしまいました。。(^_^) とても面白かったです。
人は外見からでは本当に分からないものですね。真紀子さんや本妻に比べたら私なんて何て平凡で幸せなのかしらと。。失業中なので余計面白かったです。
上には上が居るな〜と(笑)
みんみん
2009/11/17 15:28
>みんみんさん
 いらっしゃいませ♪
 随分昔の記事にコメントしてくださってありがとうございま〜す♪

 こちらのブログは、ついサボっておりますが、私も相方も元気です(笑)。
 私も、幸せです(爆)。
 だけどこれを維持することが幸せとは感じられないので、もっと本を読んでもっといろんなことを知って自分を良くしたい♪相方と一緒に、良い方向へ成長できたら嬉しいのですけれど。
 そうそう、幸せって人の数だけあっていいと思うのね。
 自分が信じるものを見つけられるのも、今の自分が幸せだと気付けるのも。
 どんな形であれ、自分自身が納得して、なるべく他の誰をも苦しめないで済むのならば。
 とはいえ、誰にでも承認されるのは無理なんだなとも思う今日このごろ(笑)。
管理人・みや
2009/11/19 01:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
《恋愛読書》 『熱情−田中角栄をとりこにした芸者』 (辻 和子) 恋人以上、夫婦未満♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる