恋人以上、夫婦未満♪

アクセスカウンタ

zoom RSS 《恋愛読書》 『いっしょに暮らす。』(長山 靖生)

<<   作成日時 : 2005/06/17 00:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

■概要
 最近の若者は他人と一緒に暮らす能力「生活技術力」が低下しているのではないか?
という仮説を、近代日本の状況を交えて論じている本です。

 著者は「ひとり暮らしの今昔」「寮生活」「軍隊生活」「シェアルーム」
「共同体ユートピア幻想」等を例に挙げて、「生活技術力」の本質を探っていきます。

 例えば「ひとり暮らし」
 昔の下宿では、大家が断りも無く部屋に上がりこんできて、
独身の下宿人の生活態度におせっかいするのは普通なのだって!
 そもそも、トイレ・台所・風呂は共同なので、他人に気を使いまくりです。
 結果、「生活技術力」が向上して、社会がうまくまわっていたらしい。
 
 今の時代ならば、望めば完全に「独り」になることができるために、
気楽であり、孤独であり、他人をうっとおしく思い・・・、
私達って受難の時代に生きてるのですねぇ(笑)。

 また、「共同体ユートピア幻想」では、武者小路実篤の「新しき村」の矛盾や、
柳美里の息子のために名義上の父となった東由多加の、
擬似家族的友愛の由来も記されていました。

 現代の日本は、昔に比べると、随分若者が孤独にさらされているみたいです。
 そもそも現状が「普通」だと思い込んでいるから、気がつきませんけどね(笑)。
 「生活技術力」が育ちにくいのは、本当かもしれません。
 
■気になったところ
・擬似家族を突き詰めると、お墓の話になる。
 夏目漱石の小説「坊ちゃん」。
 坊ちゃんを溺愛する乳母の清は、死ぬ前日に、自分を坊ちゃんと同じお寺に埋めて欲しいと願う。
 「お墓のなかで坊ちゃんの来るのを楽しみに待って居りますと云った」

 お墓を一緒にすることで、彼らは真実の親子になったわけです。
 ・・・泣かせるよね。

・ケータイで話をする人は、しばし自分がいる「場」の雰囲気を理解しない。
 彼(彼女)が適応し、連帯感を示しているのはケータイの先にいる相手に対してである。

 ・・・うーん、相方とレイコ(x)のつながり方はこんなカンジだったな(笑)。

・ネット心中が起きる理由
 「実は死ぬのがコワイ」という普遍的な気持ちは、現実の世界での交流ならば、
ごく簡単に伝わるはずなのに、ネット上における文字による会話では伝わらない。
 その結果、書き手の気持ちの中で、一番先走った部分を、
さらに増幅してしまう危険性がある。

・シェアというのは「持ち寄り」。
「どこでもみんな対等に」と考えるとうまくいかない。得意分野で活躍してもらえばよい。

・相手の死、または自分の死、という終わりを想像することで、人は平衡感覚を取り戻す。

■恋愛読書
 相方が結婚を決断できない理由の1つは、「生活技術力への不安」なのかもしれないと思い、
調査目的で(笑)、読みました。

 まぁ、結論からいうと、相方は兄弟が多い事、
私は癖のある両親と暮らしていて、性格が忍耐強い事(爆)を考えあわせると、
多分この手の問題は発生しても、なんとかなると思われます(楽観♪)。

 日本のここ100年位の「家族」概念の変化が目まぐるしかったことを、今回初めて知りました。

 これからは、私自身の「生活技術力」の不足を認めつつも、
他人と関わることで、自分が変わっていくことを恐れずに、
関係の終わりを朗らかに見つめられる人になれたらいいな、と思いました♪

■DATA
『いっしょに暮らす。』
 著者:長山 靖生
 出版:筑摩書房(ちくま新書)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
>ネット心中が起きる理由
これは非常に納得のいく話ですね〜
画面に向かって真剣になりすぎると恐ろしい結果に…

あっ!でもこの相談室では、
問題が起こらない程度に、
「それなりに真剣に」お答えしますよ(笑)
YOKOHAMA☆LINER
2005/06/17 15:22
■YOKOHAMA☆LINERさん、
 いつもありがとうございます♪
 現実の交流では、いろんな意味でのわずらわしさや制約があるせいで、のめりこみを抑制できますものね。
 話は変わりますが、最近、「リブリー」で遊んでみたんですよ。仮想ペットです♪ちょっと隣に立っていたリブリーに話しかけてみたら、なんと9歳だった!大人になってからPCを触る人と、子供のときからPCを触ってネットをブラウズする人では、価値観が、きっと違ってくると思うの。もちろん、そんな小さいうちからPCを使いこなせているのもうらやましいしね。スゴイ世の中になっちゃったなぁ〜ってつくづく。
管理人・みや
2005/06/20 12:09
リブリー調べてみました。
こういう内容なら子供も喜んでやるでしょうね〜

>スゴイ世の中
確かにそうですよね〜
我々の目線から見れば、
今の子供たちは黒電話のかけ方を知らないですし、
挟みの入った切符も田舎に行かなきゃ見たこともないでしょう。
アナログ時計の読み方も多分怪しいです。

現代っ子が幸せなのか不幸なのか…こればっかりはわかりませんね〜
YOKOHAMA☆LINER
2005/06/20 14:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
《恋愛読書》 『いっしょに暮らす。』(長山 靖生) 恋人以上、夫婦未満♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる