恋人以上、夫婦未満♪

アクセスカウンタ

zoom RSS 《恋愛読書》 『怪獣の名は なぜ ガギグゲゴなのか』 (黒川 伊保子)

<<   作成日時 : 2005/09/21 00:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

■概要
 ゴジラ!ガメラ!その音の響きからして、かなり強そうですよね♪
 著者は音の響きが脳に与えるサブリミナル効果について、
感性からではなく、脳科学・言語学を駆使して説明してくれます。
 以下は、抜粋と自己流まとめが混在しています(汗)ので、
興味ある方はぜひ、実際に本書を読んでみてくださいね♪

■マントラ(真言)とは
 古代インドの知識体系ヴェーダにおける、「音だけのことば」
 直接の意味を持たず、文字もあたえられていない。
 繰り返し唱えることで、人間の「意識の質」を整える効果があるとされている。

■M音の気持ちよさ
 キリストの聖母マリアと、仏陀の母・摩耶(マヤ)。
 これらの名前は満ち足りた女の象徴としての名前である。

■名前はその持ち主に与えられた美しい祈りである。
 名前にはその持ち主の気持ちを、もっとも柔らかく保つ効果がある。

■恋愛読書
 相方と知り合った頃、私達はお互いをあだ名で呼び合っていました。
 付き合って、一ヶ月位して、相方は、
 「あだ名で呼び合うのってよそよそしくない?
  お互いに名前で呼び合おうよ」
 と提案してきました。

 やがて相方は、私のことを名前で呼ぶようになったのですが、
私はどうしても相方をあだ名でしか呼べませんでした。

 それは、もちろん相方の女友達レイコ(x)の外乱が原因でした。
 ちょうどその頃、相方から「レイコ(1)の隣に住みたい」だとか言われて、
私自身がひどく混乱して、名前を呼べるほどの親近感を持てなかったためでした。

 そして、ひとたび離陸に失敗したままズルズルと、
相方のことを名前で呼べなくなってしまったのです。
 
 実は今でも相方のことを、「あなた」と呼ぶことは出来ても、
名前で呼ぶことは出来なかったりします。

 面白いもので、この前も電話で口論した時、
ふと気がつくと、昔のあだ名で呼びかけていました(笑)。

 この本を読んでね、「あなた」では足りないんだな、って実感しました。
 気恥ずかしいけれどこれからは、相方のことを名前で呼んでみます♪

■その他
 ・融合する言語と威嚇し合う言語
 ・言葉の音を感じる右脳と、言葉の意味を考える左脳
 ・カタカナとひらがなと漢字とで、言葉の意味合いが変わってくる
 ・女性は右脳と左脳の切り替えをこまめに行える
 ・現象の意味を調べるだけではなくて、意識の質の変化に着目しよう。
  (↑ここのとこは、今ひとつ具体的な説明が欲しい)

■DATA
『怪獣の名は なぜ ガギグゲゴなのか』
 著者:黒川 伊保子
 出版:新潮新書

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
うむむむ…
名前で呼んだことない(苦笑)

相方は昔っからのあだ名で呼びます。
そのあだ名は苗字から来てるんですよ。
だから「あんたも○○やん!」というツッコミはしませんけど(笑)

ちなみに私は年上でもない相方を「姉さん」と呼んでます(爆)
YOKOHAMA☆LINER
2005/09/21 02:23
■YOKOHAMA☆LINERさん
 双方それで気持ちよく過ごせているのならば、OKOKかと♪
 うちの相方は、私に名前で呼んでもらえなくて不満だったみたいなんですよね〜(笑)。
管理人・みや
2005/09/22 01:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
《恋愛読書》 『怪獣の名は なぜ ガギグゲゴなのか』 (黒川 伊保子) 恋人以上、夫婦未満♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる