恋人以上、夫婦未満♪

アクセスカウンタ

zoom RSS 【恋も仕事も♪】 怖いのは仕事の量ではなくて、見通しの無さだった

<<   作成日時 : 2005/10/14 00:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

 そもそも、少し前までは、メリハリの効いた仕事パターンだったはずで。

 @ライト・モード
  二時間の残業で切り上げ♪
 Aヘビー・モード
  終電迄頑張る♪

 この@とAを交互に混ぜ合わせて、生活に彩りをつけて(爆)、
頑張っていたはずだったのです。

 それが今や、@とAの中間。あくまでもA寄りですが。
 「深夜残業開始時刻の直前まで働いて、帰る」パターン。
 ほぼ、毎日(汗)。

 相方とは今日も会ってコンビニデートをして、
相方に車の運転をさせておきながら、私は助手席で、
延々と語っていました(爆)。

 「このままヒマになるのを待っていたら、何もはじまらないよ」
 「来月は、もっと忙しくなることが分かった(涙)」
 「でも、強行して二人で暮らしたところで、
  お互いに体が丈夫じゃないから、共倒れになってしまうのかも」
 「そもそも、お互いがヒマだったときに、
  スケジュールを決めなかったのが、いけなかったのでは?」
 「このまま、仕事に振り回されていたら、自分の人生にならない」
 
 相方は、心配そうな顔をして、一生懸命に他の話題を振ってきました。
 これは、親切心故の行動なのか、目先を変えてごまかそうとしているのか、
微妙なところです。

 ・・・多分、両方でしょう(笑)。
 だからとりあえず、その場は、そちらの話題に乗ってやりました(爆)。
 
 ただでさえ、核心をついてしまう私なので(爆)、
言い過ぎは、良くないですよね。

 だけど、ついこの前のブログに書いたとおり、私が辛いことを我慢しても、
所詮、相方には通じません(笑)。

 通じないことで、さらにストレスをためてしまうよりは、
ここで洗いざらい言って、一緒に解決策を練ってもらう方が、
長い目で見れば、絶対に、お互い楽になるはずです。

 もちろん、問題点は沢山ある。
 絶対に、このままではいけない。
 
 思いのままに話をしていて、気がついた事があった。

 私は実家を早く出たいらしい(爆)ものの、一人ぼっちで家を出る勇気が無い。

 かつての、相方の気まぐれな二人暮し提案は、渡りに船だった。
 誰かと一緒に暮らせるのなら、きっと心強いと思ったから。
 以前のブログに書いたとおり、実現しなかったけれどね〜(笑)

 そんなこんなで、ここ数年、やろうと思えばやれたのに、
独り暮らしを見送ってきていた。
 じきに相方が決心して、一緒に暮らせる日が来る、と信じていたからだった。
 
 だけどどう考えても、今度のクリスマスもまた
別々の家に帰ることになる(涙)。
 
 それならば。
 出来るところからケリをつけてみたらいいかもしれないよね?

 自分の決心次第で直ちに実現できる、独り暮らし。
 決めの言葉がまだ言えない相方の「決心」。

 この際、実家を出る願望と、相方と一緒に暮らす願望とを分けて、
別のものだと考えればいいのじゃないかな?
 
 相方には、気が済むまで考えてもらえばいい(爆)。

 何よりも来月は、「休みが一日も取れないかもしれない」と、
噂されるほどの忙しさが心配です。 
 会社のそばで、例えば、ウィークリーマンション等、探してみようか・・・?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
みやさん、こんばんは♪
あたしも「早く実家を出たい」がために一人暮らしを始めた人間です。おかげで気楽ではあるけれど、みやさんの残業続きの生活を、一人で暮らすのはとーっても大変だろうな〜って心配。
あたしもかつて残業続きの所属にいた時があって、その時は食事もまともに取れないし、部屋は片付かないし、休日は普段出来ない家事に追われっぱなし、でもって栄養失調が祟って、風邪をこじらせ腎炎に(爆)。実家に連れ戻されたものの、実家ではどうにもならず、その後は病院へ強制送還(涙)
焦って一人暮らしをはじめても、みやさんの今の生活パターンだと、もっと疲れてしまいそうな気がしちゃった。大丈夫かな???一人暮らしをしたら、どんな生活になるかも見通してみてくださいね♪ムリしないようにね(^^)
小魔女
2005/10/14 19:04
■小魔女さん
 こんにちわ♪コメントありがとうございます♪
 何をするにしても、健康は大事ですよね。腎炎だなんて、小魔女さん、大変だったんですねぇ(大汗)。
 実際、言われる通り、今日は久々の休日ということで、今まで睡眠不足の埋め合わせと洗濯と買い物とでバタバタしていました(汗)。
 実家にいてもこれなのだから、一人暮らしになるとどうなることやら?って思います(涙)。
 会社のそばのウィークリーマンションは、「通勤時間を0にして、その分、寝る時間を増やしたいなぁ♪」って期待したからなのです(笑)。
 でも、その一方で、コメントをいただいたこともあって、このまま仕事に振り回され続けていて良いのか?とも思い始めました。まずは残業量のコントロールの方が先のような気がしてきましたよん。
 大変だと噂される11月の様子を見つつ、なんとか乗り越えられるようにトライしてみます♪
管理人・みや
2005/10/15 16:40
みやさんの残業時間、去年までの私は、ホントに人事じゃない(どころか、もっと上?のときもあり)だったのですが、正直、一人暮らししてからのほうが楽でしたね。残業量って、コントロールできる部分もありますが、それをしてもなお、残業せねばならないときもありますし。
なぜなら親と一緒だと、それなりに気を使ったのですが、一人になってからだと、好きなときにお風呂に入り、好きなときに寝られましたから。
家事なんて、休日にまとめてやりゃーいいし。
それよりなにより、通勤時間が減るというのが、どれだけ楽なことか・・・!!私も体力なしなので、帰ってきて、猫に餌だけやって、ばたん!と倒れても、文句を言われない生活は、すごく楽でした。
だから、あくまで一時的な措置としてのウィークリーマンションは、私は賛成しますね。11月、がんばってください。
花菜
2005/10/16 01:45
■花菜さん
 花菜さんも小魔女さんと同じように、残業が大変だったんですねぇ。
 私の場合は、技術系で、ズバリ実力次第の部分が大きいので(汗)、全く実力が足りない〜、とため息をつく今日この頃なのですが、実力に関係なくチャンスが来ちゃったのも、逃れようのない事実で(笑)、とりあえず泥縄な戦略を立てつつ、やってみます♪
 独り暮らしについては、そういえば、私はとりたてて親に気を使っている訳でも無いのでした(汗)。そもそも、うちの親は自分自身のことで忙しくって、放任主義ですしね(笑)。ただ、このまま年老いてゆく両親と一緒に暮らしてゆくのはまずい、一度は別々に暮らさないと、介護の問題を含めて、けじめがつかない気がするので〜。
 ウィークリーマンションは、会社のそばに、何軒かありました♪、が、小心者なので、まだ悩み中です(笑)。
 ともあれ、11月を、何とか乗り切りたいです。
 応援ありがとうございます♪頑張ります♪
管理人・みや
2005/10/18 00:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
【恋も仕事も♪】 怖いのは仕事の量ではなくて、見通しの無さだった 恋人以上、夫婦未満♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる