アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「読書」のブログ記事

みんなの「読書」ブログ

タイトル 日 時
《恋愛読書》『恋愛の格差』 (村上 龍)
■概要  日本の社会は急激に変化している。  それらの変化に対して、考え直さなければならないこと、流されてはいけないもの、大事にしなければいけないものは何か?という本でした。  恋愛だけではなく、恋愛・結婚を話題にしつつも変わりつつある日本の社会の話をしています。  ためになりました♪ ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/02/05 03:04
【恋も仕事も♪】「クビ!」論。を読む
■概要  会社で、「クビ」になりそうな女性の話を聞きました。  庶務さんから聞いた話なので、噂話ではありません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/15 07:11
《ブログ考察》 『ブログ進化論』 (岡部 敬史)
■概要  ブログを書くのは、書き手にとって、有意義なことです。それは間違いないです。  だけど、どこがどのようにと、上手く説明できません(笑)。  きっともっとスゴイ使い方があるような気がする〜(爆)。  そう思って本書を手に取りました♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/28 23:43
《恋愛読書》『悪女の人生相談』 (鹿島茂)
■概要  仏文学者の鹿島センセイによると、フランス語では 「賢い」=「悪知恵の働く」なのだそうです。  このことから、「悪女」=「クレバーな女」だという話で(笑)。  さらに、「ナイーブ」は、フランス語での意味は「馬鹿」・・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/24 00:35
《恋愛読書》『部下力』 (吉田典生)  
■概要  異動で技術から営業系に変わる、という話がチラホラしております。  「深夜に」のような出来事もあって、正直、会社のオヤジとのコミュニケーション能力に不安があるものですから(汗)、タイトルを見て思わず手に取りました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/21 10:22
《恋愛読書》 『超バカの壁』 (養老孟司)  
■概要  初めて知ることなんて何も書いてないです。  今まで書かれた本と似たようなことが書いてあります。  だけど、「知っていること」と「体得していること」の間にはものすごい距離があるのです(爆)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2006/02/27 00:13
【恋も仕事も♪】 『下流社会』を読む
■きっかけ  中流社会日本?(笑)  この概念が崩れて、値崩れを起こしている今日この頃です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2005/11/21 23:28
【恋も仕事も♪】 『ビジョナリーカンパニーA』を読む
■きっかけ  最近の目標は「効率よく仕事をして残業時間を減らして、 相方と過ごす時間を充実させる」(笑)です。  この目標を実現するために、アレコレと本を読み漁っていたところ、 複数の本の中で、本書について書かれていたので、興味を持ちました。  面白かったです♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/11/11 07:25
【恋も仕事も♪】 『会社がイヤになった』 を読む
■概要  大丈夫です♪  もちろん、イヤになってはおりませんよ?(爆)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/11/03 23:36
【恋も仕事も♪】 『勝ち組SE・負け組SE』を読む
■きっかけ  仕事が膨れて、残業が増えております。  要するに素早く片付けられないという、己の無能さの表れで、 大変恥ずかしい状況です(汗)。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/10/21 00:57
《恋愛読書》 『「お先に失礼!」する技術』 (柴田 英寿)
■言い訳  恋愛読書でこの本を?、と思われる方もいらっしゃると思います(汗)。  実際、最近のブログに書いている通り、目下のところ、 「残業時間の多さ」が、私の恋愛の最大の障害なのです!(爆) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/10/19 01:02
《恋愛読書》 『りんごは赤じゃない』 (山本 美芽)
■概要  サブタイトルには「正しいプライドの育て方」と書かれています。  中学校の美術教論をしていた太田恵美子さんの、 素敵な教育手法について書かれている本です。  教育論的な内容の本ではありますが、恋愛にも応用できそうです。  よりよい授業する事と、恋人と一緒に、よりよい人生を築こうと思う事は、 「真剣なお付き合い」という意味では、全く同じですものね♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/09/24 22:50
《恋愛読書》 『怪獣の名は なぜ ガギグゲゴなのか』 (黒川 伊保子)
■概要  ゴジラ!ガメラ!その音の響きからして、かなり強そうですよね♪  著者は音の響きが脳に与えるサブリミナル効果について、 感性からではなく、脳科学・言語学を駆使して説明してくれます。  以下は、抜粋と自己流まとめが混在しています(汗)ので、 興味ある方はぜひ、実際に本書を読んでみてくださいね♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/09/21 00:11
《恋愛読書》 『おむすびの祈り』 (佐藤 初女)
■概要 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/08/27 13:20
《恋愛読書》 『59番目のプロポーズ』 (アルテイシア)
■概要 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/08/12 00:14
《恋愛読書》『モモレンジャー@秋葉原』(鹿島 茂)
■概要  いわゆる「負け犬」女性の実情を説明する概念として、 フランス文学者の鹿島茂センセイは、アッと驚く学説(爆)を出してきました♪  すなわち、「ゴレンジャー・ガールvs.ウッフン」! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 6

2005/07/09 01:09
《恋愛読書》 『いっしょに暮らす。』(長山 靖生)
■概要  最近の若者は他人と一緒に暮らす能力「生活技術力」が低下しているのではないか? という仮説を、近代日本の状況を交えて論じている本です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2005/06/17 00:55
《恋愛読書》 『メル返待ちの女』 (織田 隼人)
■概要  「(彼氏から)メールが来ない!」  恋する女性の大きな悩みの1つですよね? ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 4

2005/06/03 00:44
《恋愛読書》 『熱情−田中角栄をとりこにした芸者』 (辻 和子)
■概要  田中角栄。  その晩年に、病に侵されてボロボロになりながらも、 選挙運動をしている姿をTVで見たことがある。  マスコミの冷ややかな態度と、地元の人々の温かい声援との温度差に、 随分戸惑ったものだった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 5

2005/05/22 23:04
《恋愛読書》 『言いにくいことを上手に伝える スマート対話術』
■対話術の必要性 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2005/05/06 01:23
《恋愛読書》 『だらだら毎日』 (とぽすけ)
 4コママンガです♪  Web公開しているマンガをひとまとめにした本です♪  本のタイトルと同じサイト名なので、検索してただければ、そちらのHPにて、 本と同じマンガが読めます♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2005/04/22 01:18
《恋愛読書》 『花神』 (司馬 遼太郎) 
 ご紹介いただいて、司馬遼太郎の本に、挑戦してみました。  YOKOHAMA☆LINERさん、ありがとうございます♪  長いですけれどね、かなり面白かったので、ご紹介させていただきます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/04/21 00:39
《恋愛読書》 『ハーバードからの贈り物』 (デイジー・ウェイドマン)
■概要  ハーバードの教授は、学期末の授業では必ず、自分の体験をもとにした 「いい話」をきかせてくれるのだそうです。  著者は、ハーバードの学生をしていて、教授達のお話を集めて、本を作ることを思いつきます。  「ハーバード」なのだから、硬くて偉そうで説教的なお話かな?と、ちょっと身構えておりましたが、読みはじめてしまえば、普通の人でも共感できる、心温まる言葉でまとめられた、 素敵な本になっています♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

2005/03/18 01:34
《恋愛読書》 『シルヴィーとブルーノ』 (ルイス・キャロル)
 白状しましょう。訳わかんなかったです(笑)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/03/09 23:30
《恋愛読書》 『ケータイを持ったサル』 (正高信男)
 何を読んでいても、ついつい、相方との恋愛のヒントを求めてしまいます(笑)。  というわけで、今後は恋愛読書の記録にもチャレンジしてみます。  どうか皆様、変わらぬご愛読をお願いいたします♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/02/23 23:49

トップへ | みんなの「読書」ブログ

恋人以上、夫婦未満♪ 読書のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる